2012年12月28日 (金)

今までの経緯

平成18年8月22日 呉郵便局の非常勤職員として、郵便物の集配業務に従事
平成19年10月1日 日本郵政公社の民営化。引き続き業務に従事
平成20年10月1日 時給1260円になる。(スキル評価:B有り)

平成24年2月28日 雇止め予告通知書を受け取る

平成24年3月8日  あっせん申請
平成24年4月4日  日本郵便、あっせんに参加せず打ち切り

平成24年4月19日 労働審判を弁護士に委任契約(21万+3万円)
平成24年9月18日 日本郵便は150万円の支払義務があるとの審判が出る

平成24年9月26日 私から異議申立。地裁&仮処分を弁護士に依頼(21万+15.75万円)

平成24年12月13日 中国新聞に掲載

平成25年7月11日 日本郵便は20万2400円を毎月仮に支払えと、仮処分決定
              (成功報酬 20万2400 X 12ヶ月 X 0.16 = 38万8608円)

平成26年2月26日 広島地裁において、証人・当事者尋問

平成26年5月14日 結審

平成26年7月9日  地裁敗訴  (判決文)   (翌日、中国新聞に掲載)

平成26年7月22日 控訴状提出 (本人訴訟)

平成26年9月10日 控訴理由書 提出

平成26年10月9日 第1回口頭弁論

平成26年11月13日 和解協議

平成26年11月27日 高裁敗訴 (判決文)

平成26年12月10日 最高裁へ上告

平成26年12月12日 上告の件で弁護士と契約 (15万1500円)

平成27年2月3日 上告受理、上告理由書 提出

平成27年3月26日 最高裁敗訴(判決文)

平成27年6月3日  日本郵便中国支社から通知書が到着

平成27年6月13日 請求書が到着 (支払期限:2015年6月30日)

平成27年9月29日 支払期限終了後3ヶ月経過(日本郵便からの連絡は皆無)

平成28年1月1日  支払期限終了後6ヶ月経過(日本郵便からの連絡は皆無)

おわり?

«中國新聞に掲載

アクセスカウンター

自衛官募集中